電子漫画のメリット

電子漫画のメリットについて解説をしていきたいと思う。紙媒体の書籍の売上は落ちる一方、電子書籍、漫画などは着実に売上を伸ばしてきている。このことからもわかるように紙の本からデジタル本へと多くの方が移行しているのだ。

なぜ、ここまで電子書籍が普及してきているのか、そして電子漫画に人気があるのか見ていこう。

かさばらない

紙の本と違って電子書籍、漫画はデジタルコンテンツ。データとして端末に保存することになる。サービスによっては端末保存ではなくサーバーに置いてるデータをストリーミング再生して読む形になっている。つまり本、漫画を部屋に置く必要がない。全てデータとして扱われるため、本棚でくつろぐスペースがなかった部屋もスッキリさせることができる。

本が日焼けしない

紙だと経年劣化や日差しを浴びて日焼けをしてしまう。しかし、電子書籍になるとデータのため購入した本や漫画が劣化することはない。いつでも新品のような状態で漫画を読むことができる。

本を劣化させないために購入するブックカバーなども必要ない。経費節約にも繋がるし、いつでも綺麗な画質で見れるのは紙の本にない魅力ではないだろうか。

重たくない

オンライン書店で購入した本、漫画はスマートフォン、タブレットに保存する。そのため端末だけ持っていれば何十冊、何百冊といった書籍を持ち歩くことができる。端末やサービスの中には外部ストレージに保存することも可能なので保存容量は無限大とも言える。

例えば実用書を持ち合って勉強をする時なんか、もう分厚く、重たい本を持ち歩く必要がない。友だちに見せたい漫画もスマートフォン片手に渡すだけで友人におすすめの漫画を見えることができるのだ。